リンちゃん事件の渋谷容疑者に前科!?あの大川経香ちゃん行方不明事件にも関与の可能性!!

2017年04月17日

ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)

の事件で逮捕された渋谷恭正容疑者

9歳のリンちゃんを死体遺棄した疑いで

逮捕されていることがわかっています。


この渋谷容疑者は小学校の保護者の会会長。

この千葉県の小学校は、

千葉県松戸市立六実第二小学校

ということが明らかに。


この渋谷容疑者ですが警察の調べに対し、

黙秘しているということですが、

2002年の大川経香(9)の事件にも関わっていた?

ということが現在ネットで話題になっています。


大川経香ちゃん事件とは?

大川経香ちゃん事件とは、

2002年の5月19日に茨城県取手市で

フィリピン系ハーフの大川経香ちゃんが

友達と遊んでいた帰りに突然行方不明になった

という事件。


母親が夜に帰宅をした際に大川経香ちゃんの

姿はなく行方不明事件として大規模に捜索されたが

今だに未解決となっている事件です。


渋谷容疑者がリンちゃんの所持品を捨てた場所

今回渋谷容疑者の前科が疑われているのは

渋谷容疑者がリンちゃんの所持品を捨てた場所。


これが茨城県坂東市の利根川河川敷で、

この場所こそ大川経香ちゃんが当時住んでた場所の

すぐ近くであることがわかりました。


ほんの1.5キロほどしか離れていない場所で、

リンちゃん事件の時には渋谷容疑者は、

利根川河川敷付近を何度も訪れていた

ということが防犯カメラで判明。


さらに渋谷容疑者は、20年前にこの地域に

住んでいたということも判明しています。


警察は犯人のこの一連の行動を見て、

『土地勘のある人物の犯行』

と睨んでいましたがまさに渋谷容疑者は

この地域に住んでいたということで、

辻褄が合ったということですね。


大川経香ちゃんの事件に関しても

かなり辻褄が合ってきています。


『女の子は若いに越したことはない』

渋谷容疑者と一緒に働いていた

元飲食店の従業員は渋谷容疑者が

『女の子は若いに越したことはない』

などと発言していたという情報を暴露。


渋谷容疑者の裏の顔とも言える部分が

少しずつわかってきています。


女の子には優しいが男の子には厳しい態度

ということもネットでも有名になっていて

極度のロリコンというよりも、

かなりそのへんが歪んでいる人物

ということが垣間見えます。


現在は黙秘しているとのことですが、

前科含め、事件の全貌が明らかになるのは

もはや時間の問題でしょうね。


渋谷恭正容疑者の裏の顔を同級生らが暴露! 「ロリコン・いじめられっ子だった」